Windows liveメールからThunderbirdへのアドレス帳の移動の方法

 これは私の防備録として作っものですがWindows liveメールのアドレス帳をエクスポートしてマイドキュメント等に保存してからThunderbirdにそのアドレス帳をインポートする方法を記録しています
 この作業では注意する点が2か所あります。一つはwindows liveメールの文字エンコードがUTP-8になっているのでそのままではthunderbirdでは文字化けしてしまいます。 もう一つはアドレスの書式が違う点です。以下に手順を下記に整理しましたので使ってください
1)Windows liveメールのアドレス帳のエンコード
 Windows liveメールのアドレス帳を開きます。メニューのエクスポートをクリックして「カンマ区切り」を選択すると”CSVエクスポート”が表示されます。
この中で「エクスポート先のファイル名」に”アドレス”等と名前を入れて下さい。
次に右側の”参照”をクリックしてマイドキュメントなどに保存先を選んでください。そして”次に”進みますと
左側の画像が出てきます。
エンコードする項目を選びチェックをいれます。
少なくとも性、名、メールアドレスにチェックを入れて下さい。
 ここで問題なのは左のようにWindows liveメールとThunderbirdでのアドレス帳の様式が違います。性、名、メールアドレスは良いのですが”表示名”Windows liveメールには項目がありません。
 このことは後で説明します。
Windows liveメール
Thunderbird
 マイドキュメントに保存されたファイルは拡張子がCSVとなっていま。
このファイルは左の写真の”文字エンコード”でわかるようにUTF−8になtっています。
*左ではファイル名を住所.csvになtっていますがエクスポートしたときにつけた名前ですアドレスと付けたらアドレス.csvです。
 右下の”文字コード”にUTF−8と書いています。
このまま使うと文字化けしてしまいます。
2)文字化け対策
上記のファイいるをメモ帳で開いて下さい。ファイルが表示されていないときは”ファイルの種類”を”全て”に知ると見つかるでしょう。
メモ帳で保存するときに”文字コード”を”ANSI”に直して保存します。
これでUTF−8kらANSIに文字コードが変更されました。
3)”表示名”
上記のメモ帳には1)で選んだ項目”性””名””電子メール”が次のようにカンマで区切られて書いています。
氏,名,電子メール アドレスの次に平野,吉孚,yositaka@h.email.ne.jp
しかし、”表示名”が
Thunderbirdでのアドレス帳では欲しいのです。
氏,名,表示名,電子メール アドレスの次に平野,吉孚,平野吉孚、yositaka@h.email.ne.jp
と”表示名”平野吉孚を書き加えると解決します。
 メモ帳を保存し直す時に”表示名”の項目を加えて修正するとよいでしょう。その時は前後にカンマは忘れないでください。
なお、ここで表示名を入れなくても
Thunderbirdにインポートしてから個々のアドレス編集で表示名を書き加えても同じことができます。
4)Thunderbirdへインポート
最後にThunderbirdを開いて、その”ツール”から”アドレス帳”を開いて、次にアドレス帳のメニューから”ツール”そして”インポート”を開きます。
”設定とデータのインポート”画面ではアドレスを選択して次に進みます。
”設定とデータのインポート”画面が変わりインポートファイルのタイプをCSVを選んで2)3)で作成したアドレスファイルを選択します。
左のように項目を選ぶようになっています。
左側と右側の項目を一致させてください。
”表示名”を3)で作った場合はここで選択します。
作らないときはチェックなしで進みます。
次へを押せばインポートされます。
 表示名をデータに加えなかった場合は表示名にメールアドレスが入ってしまいます。
 個々の編集で書き直しが必要になります。